ガジェット好き高校生のひとりごと。

ガジェットの山に埋もれたい。

Android版スクリーンタイム? Digital Wellbeingを非対応機種でも使う方法。


f:id:rait_09:20191229022131j:image

ずいぶんと記事を書いてませんでしたけれども、年末に1つぐらい記事を書きたくなりました。

 

お久しぶりです。

 

今回は非対応機種で、Digital Wellbeingを利用する方法を説明していきます。

筆者はGalaxy Note8以外の機種では動作を確認していないので、動かなくても泣かない。

ちなみにAndroid 7.1.1のNexus9ではインストールできませんでした。

万が一不具合が発生しても責任は負いません。

大丈夫だと思いますが。

 

 

 

その一、APKを入手する

非対応機種はGoogleプレイストアでDigital Wellbeingが出てこないので、APKPUREなどどこのサイトでもいいのでAPKファイルを入手します。

↓↓一応APKPUREのリンクをこちらに↓↓

リダイレクトの警告

 

その二、インストールする

ダウンロードが完了したら、インストールします。

設定のセキュリティから、提供元不明のアプリのインストールを許可しましょう。

そこは詳しくはググって…

 

その三、起動する

①インストール直後の画面では開けないはずですので、完了を押します。

②ここからは若干機種によって違いがあるかもしれませんが、まずステータスバー(通知バー)を下ろしてきましょう。

③さらにもう一段階下ろして、「WiFi」や「Bluetooth」などのクイック設定タイルが複数並ぶ画面にしましょう。

④次に「・・・」やペンのマークなどをタップして(機種によって異なる)、クイック設定タイルの並べ替え、追加を行う画面を開きます。そこにグレースケールという項目が新しく増えているはずですので、追加します。

⑤続いて、③の画面に戻りグレースケールを長押しします。Digital Wellbeingが起動すれば成功です。f:id:rait_09:20191229020137j:image

 

その四、ホーム画面にアプリを追加する

開くとおやすみモードが…みたいなことが出てくるので進めていきます。おやすみモードの設定画面が出てきたらバックしましょう。

すると、Digital Wellbeingのメイン画面に移動します。

このままでは起動に毎回グレースケールを長押ししないといけないので、「アプリの一覧にアイコンを表示」という項目を有効にします。f:id:rait_09:20191229020205j:image

 

その五、使い方

まず「ダッシュボード」という項目を選択し、使用履歴へのアクセスを許可しましょう。

すると棒グラフや円グラフで、各アプリの利用時間が見られるようになります。

 

めちゃくちゃ大雑把に説明してしまいましたが、どうでしょう?

グレースケールをトリガーに起動するというのはなかなか特殊ですね。

 

以上、非対応機種でのDigital Wellbeingの起動方法でした。

 

 

ガラスフィルムに守られた話。

3ヶ月ぶりの投稿。

 

いや〜。この3ヶ月にもいろいろありました。

なにより今さらながら令和一発目!!

まだ高校生ですがいろいろ頑張っていきたいものです。

 

さて、実は昨日こんなことが。

 

文化祭の劇の練習中に…

うっかりスマホが落下!

私はあんまりスマホを落とさない人なので、

ケースやフィルムなしの無防備なGALAXYちゃんで…

というわけでもなく、こういうのには必ずケースやフィルムを付けます。

 

ケースはSpigenさんのタフアーマーを付けていたとはいえ手帳型ではないので完全には守れず。

 

落ちた先が平面ならSpigenさんのケースの効果が発揮されるものの、どうやら机の足に画面の角が当たった模様。

 

どうせ大丈夫だろうと思い拾い上げたら、

ピキーンッとヒビが入っていました。

 

まさか画面まで割れてないよな!?

と、初めての事なのでかなり焦りましたが、

フィルムだけで済んでいました。

 

ホントヨカッタ。。。
f:id:rait_09:20190727232053j:image


f:id:rait_09:20190727232212j:image

こんな感じ↑

 

もしフィルムを貼っていなかったりTPUのピラッピラフィルムだったりしたら…

考えるだけで恐ろしい。

 

ガラスフィルムの良さを思い知らされました。

手帳型ならTPUのフィルムでも良いと思いますが、普通のケースを使っている方はやっぱり万が一のことを考えてガラスフィルムを使うべきなのかも知れませんね! 

 



f:id:rait_09:20190727232903j:image

さっそくKlearlookさんのを再購入しましたとさ。

 

 

 

ではまた次の記事で。

 

 

 

 

思わずがっかり。Ankerさん、PowerCore Fusion 10000は日本展開しないことに!?

Ankerさぁぁぁん!

うっそだろぉぉ??

 

大きな期待を寄せていただけにショックでした。

 

PowerCore Fusion 10000、まさかの発売中止に。

モバイルバッテリー、その他スマートフォン周辺機器で大人気のAnkerさんが、去年末のプレス向けイベント、「Anker Power Conference」で発表し大きな話題を呼んでいた、「Anker Power Core Fusion 10000」という商品が突如、発売中止となりました。

f:id:rait_09:20190426221648j:image

こちらの商品は、ACアダプターとモバイルバッテリーが一体化した人気商品、「PowerCore Fusion 5000」のいわゆる後継機です。

 

バッテリー容量は2倍に、USB-Cポートも搭載、それでも前モデルとほぼ変わらない大きさをキープした、ガジェット好きなら食いついてしまう商品でした。

 

が、

 

どうやら日本、ヨーロッパ、アメリカなど、中国以外の地域では展開をしない方針としたようです。

 

絶対買う!って決めていた人も多かったんじゃないでしょうか…?

非常に残念です。

でもさ…

「えっ」って思った人絶対いると思うんだけどさ…

 

Anker PowerCore Fusion Power Delivery Battery and Charger

f:id:rait_09:20190426222827j:image

これはどういう位置づけで出したんでしょうか。

こちらはApple Store専売。

まさかのACアダプターモードでは30WのUSB PD対応、バッテリー容量5000mAhの同じようで同じでない商品。

でもまあ、似たような商品なのでどうしてもという方は仕方なくこちらを購入してみるのもありかと?

ちなみに価格は約15,000円ほどと、かなりお高めです。

 

ちなみに大人気の前モデルも発売中です↓

 

 

発売中止の理由は?

去年の冬からずっと楽しみに待っていたので、かなりがっくりきているのですが、どうやら理由は公表していないようです。

しかし、個人的にはAnkerさんがすごい好きなので(絶対他にもたくさんいると思う)、これからの商品に期待していきたいところですね。

 

ではまた次の記事で。

One UIって? GALAXY note8、note9にAndroid 9が配信開始!

やっとやって来ました!

主の使ってるnote8にも!

Android9が!

ところでみなさん、GALAXYシリーズはAndroid 9からUIが刷新されるということ、ご存知でしょうか。

 

ここ数世代のGALAXYシリーズに採用されていた、SamsungAndroidをGALAXY向けにカスタマイズした独自UI「GALAXYExperience」から、新しく「One UI」というものに変わるんです。

 

Android 9の基本的な更新内容はよしとして、GALAXY独自の新機能、そしてOne UIについても一体どこが変わるのか、見ていきましょう。

 


f:id:rait_09:20190328211240j:image

サムネ?作ってみた。

 

GALAXYシリーズの対象機種

GALAXYシリーズで現在Android 9の配信が予定/配信済みとなっている機種は、

 

GALAXY Note9        済

GALAXY S9/S9+     済

GALAXY Note8       済

GALAXY S8/S8+

GALAXY Feel2 - docomo with

 

となっています。

2世代のフラッグシップモデルに加え、エントリーモデルのFeel2もしっかりと対象機種です。

やさしい!

 

新機能

その1- ジェスチャー操作の追加!

f:id:rait_09:20190330163613j:image

(フォントは主が変更しているだけなのでご心配なく。)

こちら、Android 9本来のジェスチャー操作とは異なりますが、iPhoneライク?な操作方法を選べるようになりました。

せっかくの縦長画面なのにナビゲーションバーのせいでフルに活用できない!!って思ったことないですか?

そんな思いを叶えてくれました。

もちろんこの操作でも、ボタンの配置は2種類から選ぶことが出来ます。

若干の慣れは必要かもしれません。

 

その2- ナイトモード追加!

f:id:rait_09:20190330164224j:image

待ってました!

いわゆる ダークモード です。

こちらをonにすることで、OS自体の基本的なカラーを黒にすることができます。サードパーティ製のアプリには適応されませんが、今までアプリ単位で対応してきていたものを、OS自体がサポートしてくれた、ということになります。


f:id:rait_09:20190330164632j:image

特に、GALAXYシリーズは長年有機ELディスプレイを採用していますので(もちろんFeel2も)、黒の発色に電力を必要としない有機ELでは多少の省電力化に役立ちます。

テーマ適応中はダークモードに変更することはできないので注意。

 

その3- Dolby Atmos追加!

f:id:rait_09:20190330165237j:image

「音質とエフェクト」の画面を開くと…

Dolby Atmos」が追加されていました!

メディアの再生時に包み込まれるように流れる革新的なオーディオが体験できるとのこと。

ぜひ試してみては?

 

その4- クイック設定パネルに新たに4つ追加!

①キッズホーム - ステータスバーからワンタッチでキッズホームに切り替えることができます。

②ナイトモード - 先程紹介したナイトモードですが、ステータスバーからも切り替えることができるという優れものです。

③ナビゲーションバー - 先程紹介したジェスチャー操作と、今まで通りのナビゲーションを瞬時に切り替えることができます。

Dolby Atmos - 先程紹介したDolby Atmosですが、音楽を聴く時だけonにする、といった切り替えもラクラクできちゃいます。

新機能はまだまだあると思いますが、GALAXY独自のものはこのぐらいかと。

電源ボタンと音量( - )ボタンを押したときのスクリーンショットの動作が早くなった気がします。

 

One UIでどれだけ変わる?

f:id:rait_09:20190330173839j:image

さて、ソフトウェア情報の画面を確認したのですが、こちらすっかりGALAXY Experienceの表示は無くなっていました。One UIの最新バージョンは現時点でまだ1.0となっています。 

個人的な意見ですが、機種はそのままで中身だけ別機種になった。という感じでしょうか。

結構かわります。

とくにSamsung製のプリインストールアプリですね。

 

カメラ

f:id:rait_09:20190330174741j:image

撮影した写真が表示される部分を赤く塗りつぶしていますが、ぱっと見ただけでも結構変わっていることに気づくと思います。

そして、「ライブフォーカス」や「プロモード」、「食事モード」といったものは全て撮影ボタン上部にまとめられる形になりました。

 

GALAXY Notes

f:id:rait_09:20190330175354j:image

メモの選択画面。

全体的に丸くなっていますね。

大事なこと書いてるので塗りつぶさせてもらいましたが、とくに見にくいといった印象はありません。f:id:rait_09:20190330175643j:image

ペンを使って書くといった場面でも、今まで通りです。

 

時計

f:id:rait_09:20190330175953j:image

アラームの選択画面。こちらも全体的に丸くなってます。

そして、「世界時計」や「タイマー」といった項目が画面下に移動しています。

f:id:rait_09:20190330180044j:image

アラーム設定画面。見た目は若干変わっていますが、特に変更点はないですね。

 

ギャラリー

f:id:rait_09:20190330180357j:image

写真は隠しているのですが、今まで通り正方形のサムネイルがずらりと並びます。

また「画像」「アルバム」といった項目が画面下に移動しています。

 

もちろんここまで紹介してきたアプリ達も、ナイトモードをONにすることで黒くなります。単に目に優しいだけでなく、かっこいいです。

 

Android 9のGALAXY、いいぞ!

いくつかの新機能や、One UIの見た目など紹介してきましたが、慣れが必要な部分は多々あります。

が、慣れるとかなり便利なものばかりなように思えます。 

私もすっかりジェスチャー操作に慣れてしまい、もう戻せないといった感じです。

とくに不便に感じる点もなく、現時点では不具合等無いかと思いますので、迷っている方はぜひアップデートしてみてはいかがでしょうか。

かなりボリューミーなアップデートですよ。

 

ではまた次の記事で。

 

 

 

 

ちょっとブログっぽくなったかな?

お久しぶりです。

 

どうでしょう。

見出しを良い感じに。

してみました。

ずっと、

「こんな感じの見出し使ってる人凄いなー。」

「Pro版じゃないとできないのかなー。」

と思っていたんですが、

少し調べてみたらこれCSSってやつなんですね。

いろんな方の説明を参考にさせて頂いて。

コピペして使えるということでまんま使っちゃいました。

 

なんかそれっぽくなれた!!

見やすくなりましたかね?

過去の記事にも反映されているようでよかったです。

 

モチベーションあがっちゃいますね。

ではまた次の記事で。

まさかのUSBハブにもなる!? Ankerの新モバイルバッテリーを紹介。

またまた便利そうな製品です。

 

Anker PowerCore+ 19000 PD


f:id:rait_09:20190228124158j:image

こちらは、昨日販売開始されたAnkerの新モバイルバッテリーです。

19000mAhの超大容量モデルです。

また商品画像を見て頂くとお分かりいただけると思いますが、最大30WのPD充電器と、両端がUSB-Cのケーブルが付属します。

 

PD入力対応

f:id:rait_09:20190228124706j:image

モバイルバッテリーがPower Deliveryでの入力に対応。

付属のPD充電器を使うことで、この超大容量のモバイルバッテリーが3.5時間でフル充電可能です。

 

PD出力対応

f:id:rait_09:20190228125050j:image

そしてさらに、Power Deliveryでの出力にも対応。

PD対応USB-Cポート(1つ)を利用することで、最大27Wでの出力に対応。

MacBook Pro 13.4 2017が2時間でフル充電可能とのこと。

また本体には入出力用PD対応USB-Cポートが1つ、出力用Power IQ対応USB-Aポートが1つ、出力用Power IQ2.0対応USB-Aポートが1つずつあり、合計52Wで3台への同時充電が可能です。

f:id:rait_09:20190228124616j:image

19000mAhの超大容量ですので、iPhone XSおよびXを約5回、GALAXY S9を4回以上、そしてMacBook1回以上充電可能です。

 

まさかのUSBハブモード搭載

f:id:rait_09:20190228125752j:image

そしてなんといっても新機能、USBハブモードです。

電源ボタンを長押しすることで切り替えが可能で、高速なデータ転送にも対応とのこと。

しかし恐らく、USB-Cポートを使って端末を充電しながら、USBハブモードを利用するのは不可能かと思われます。

USBハブモード使用時にはPowerIQ2.0出力ポートは最大10Wの出力となります。

 

まさに2 in 1なモバイルバッテリー。

超大容量でしかもUSBハブにもなる、かなりの優れ物なんじゃないでしょうか。

PD充電器とのセットなので、この容量のモバイルバッテリーとしては少々お値段は高めです。

 

通常価格10,999円のところ、最初の500個限定20%offで、8,799円で販売中です。

 

 

ではまた次の記事で。

iOSとAndroid、両方を実際に体験して比べてみたい、、、

こんばんは。

ここ最近毎日更新を心がけて頑張っております。

どうか暖かい目でお願いします!!

 

さて、日本のスマホ市場といえば、iPhone最強みたいなイメージがありますが、最近ではミッドレンジのスマホも勢いがついてきてますね。

 

iOSAndroid、どっちを使い続けるかっていうのはわりと最初に使った機種のOSが影響してるって人、多いんじゃないでしょうか。

 

自分もその1人で、Androidでここ数年生きてきてます。

 

今ここでiOSに変えると慣れるまで困りそうだなって考えでずっとAndroidでいる気なんですが、やっぱりどちらのOSも経験してから決めるというのが1番な気がします。

 

お金はないんですけど。

 

でもやっぱり、新しいことにトライしていくといった姿勢を見せているのは最近はAndroidスマホな気がします。

 

iPhoneAndroidスマホも、今後どんな方向に進んでいくのか、見守っていきたいですね。

Huaweiの折りたたみスマホ、「Huawei Mate X」発表!!!

さあさあSamsungに勝負をかけてきましたよ!!


f:id:rait_09:20190224230127j:image

ムービーの前におそらくミスでチラ見せしちゃってました。

こちらがHuawei Mate X。

Samsungとは逆。外折りです。



f:id:rait_09:20190224230311j:image

閉じた状態での表面、裏面、そして開いた状態です。

画面サイズ、完璧なんじゃないでしょうか。

しかもノッチ無しです。

 


f:id:rait_09:20190224230420j:image


f:id:rait_09:20190224230427j:image

他社比較。さっそく比較対象にGALAXY Foldが。

これはHuawei、自信満々のようです。

 


f:id:rait_09:20190224230543j:image


f:id:rait_09:20190224230553j:image

開いた状態でのGALAXY Foldとの比較。

ノッチ無しが強い!そして画面がでかい!

ただしノッチ無しということで、開いた状態でのインカメは無しです。

 


f:id:rait_09:20190224230723j:image

フルプロテクションケース。

 


f:id:rait_09:20190224230747j:image
f:id:rait_09:20190224230753j:image

純正の充電器で最大55Wでの充電。 

ここでも他社と比較。

強すぎます。

 


f:id:rait_09:20190224230903j:image

CPUはkirin980。

 


f:id:rait_09:20190224231022j:image

バッテリーは4500mAh!

GALAXY Foldより少し多い!!

 


f:id:rait_09:20190224231117j:image

日本円にして28~9万。

 

 

高ぇよ!!!!

 

近々発表される次期Xperia(Xperia 1)、その縦長さをXZ3と比較。

こんにちは。

やっぱり今年は本当にいろんなスマホがでてきますね。

 

MWC2019で発表される、ソニーの新スマートフォンXperia 1」ですが、おそらく噂の通り、

アスペクト比21:9のノッポさんになります。

 

ちなみにGALAXY note9は18.5:9、S10は19:9。

iPhoneXも19:9、前XperiaのXZ3は18:9です。

 

このノッポさんがどれぐらいかということで、

XperiaXZ3との比較です。


f:id:rait_09:20190224140313j:image

雑いですが重ねますと、


f:id:rait_09:20190224140404j:image

その差を見やすくすると、


f:id:rait_09:20190224140442j:image

こんな感じ。

 

ソニーさんはこの超縦長ディスプレイを、

「CinemaWide」と名付けたようです。

つまり映画のアスペクト比、ということになります。

ですので、「スマホで映画見てる!!」ってひとにはフルスクリーンで見れるのは最高かもしれません。

 

が、むしろ映画以外でこのアスペクト比が役に立つシーンがあるのか。ということです。

 

もちろん、考えればいくつもでてきます。

フルスクリーン対応のゲームだとか、ブラウジング中に一度に画面に映る範囲が大きいだとか。

 

しかし利便性はどうでしょう。

おそらく片手モードなるものが搭載されそうですが、それ無しでは片手で届かず。ズボンのポケットに入れるにしても不便になるんじゃないでしょうか。

また現在のアプリの縦長、横画面では横長への対応状況などを考えても、あまりメリットばかりのようにも思えません。

 

実際自分は縦長ディスプレイに触れたのはGALAXY note8の18.5:9が初めてで、5日くらいですぐに馴染んだので21:9でもすぐになれるかもしれません。

 

やっぱり使ってみないと分からないかも!!

 

発売されて、ユーザーの手に届いた時にどんな評価を得るか、非常に楽しみです。

 

しかし、Xperiaの不振の中、新しいことに挑戦しようとするソニーの姿勢は本当に素晴らしいと思います。

頑張れXperia

 

 

それではまた次の記事で。

折りたたみスマホの保護フィルムがどうなるか考えてみる。

さてさて、以前ポップアップ式のカメラを搭載したスマホのケースについて考えてみる記事を掲載したのですが、つぎは折りたたみスマホの保護フィルムです。

 

2019年は折りたたみスマホの年!

一昨日、Samsungから初の折りたたみスマホが発表されました。


f:id:rait_09:20190223014906j:image

「GALAXY Fold」という名前のこちらのスマートフォンですが、内にも外にもディスプレイがあり、大きなメインディスプレイは内側となります。

 

そして以前、Royoleから発表されていた世界初の折りたたみスマホ、「FlexPai」です。


f:id:rait_09:20190223015145j:image

こちらは大きなディスプレイが1枚、折りたたんだ際は外側となります。

 

この2社はそれぞれディスプレイを違う方向に折り曲げていますが、耐久性としてはどちらの方がいいんでしょうか。

(FlexPaiはCES2019の時点ですでに耐久性が怪しかったり怪しくなかったり、、、)

 

なんと2019年2月の時点で2社から発表されちゃってるんですね。さらにHuaweiやXiaomiといったメーカーも参入するとのこと。

 


f:id:rait_09:20190223021819j:image

こちらはXiaomiの折りたたみスマホのレンダー画像。

発表はされていないので今後本当に3つ折りスマホになるのかは分かりませんが、おもしろい形状です。

 

 

さてさて、本題の保護フィルムなんですが、まずはGALAXY Foldの場合から考えてみましょう。

 

どう貼る?

GALAXY Foldの場合

まずはGALAXY Foldの場合で考えますが、こちらは伸び縮みを考慮する必要はなさそう。


f:id:rait_09:20190223020724j:image

まずそもそも、気にしないのであればこのように左右に1枚ずつ分けて貼るというのが1番簡単で単純です。

(適当でごめんなさい!!)

 

しかしこれではもちろん、
f:id:rait_09:20190223020851j:image

赤矢印のように指を左右跨いで移動する時には段差を感じてしまうはず、、、

 

なのでやはりディスプレイ同様1枚にしちゃいたいところ!!


f:id:rait_09:20190223021056j:image

でもこれ、ガラスじゃ絶対ムリ。

じゃあTPUって、折り目ついちゃったりするんでしょうか?

フィルムの耐久性も考えなくてはならなさそうです。

折り目のつかない新素材、できたりしないかな。

 

FlexPaiの場合

これはもう、、、


f:id:rait_09:20190223022202j:image

絶対ヤバい。

 

まずは1枚パターン。

TPUの保護フィルムを貼るとして、

f:id:rait_09:20190223022620j:image

一応ベゼルは再現したつもり。

1枚で貼るとしても、、

f:id:rait_09:20190223022742j:image

折りたたんだ時に真ん中の部分が破れそう。

もしかすると伸びて戻らなくなったりもしそう。

 

お次は2枚パターン。


f:id:rait_09:20190223023418j:image

左右にフィルムを貼るとして、真ん中の赤のゾーンはディスプレイが伸びる部分だとして何も貼りません。


f:id:rait_09:20190223023518j:image

ディスプレイが伸びて貼ってないゾーンが広くなりそう。

折りたたむのは片手で持つ時の他にポケットやカバンにしまっている時、と考えるとこれでは保護とは言い難い、、

伸び縮みする新素材、できたりしないかな。

 

結論

新素材待ってます。

従来の保護フィルムじゃちょっと厳しそう。

 

ディスプレイと保護フィルムの関係での課題といえば、ディスプレイ内蔵型の指紋センサーの場合フィルムを貼ると指紋認証ができないとか。

 

スマホが進化するにつれて、スマホのアクセサリーも新しい課題が見えてきました。

メーカーさんにも新しい技術が必須になってきそうです。

 

こんなお話にお付き合いして頂き、ありがとうございました。