ガジェット好き高校生のひとりごと。

ガジェットの山に埋もれたい。

まさかのUSBハブにもなる!? Ankerの新モバイルバッテリーを紹介。

またまた便利そうな製品です。

 

Anker PowerCore+ 19000 PD


f:id:rait_09:20190228124158j:image

こちらは、昨日販売開始されたAnkerの新モバイルバッテリーです。

19000mAhの超大容量モデルです。

また商品画像を見て頂くとお分かりいただけると思いますが、最大30WのPD充電器と、両端がUSB-Cのケーブルが付属します。

 

PD入力対応

f:id:rait_09:20190228124706j:image

モバイルバッテリーがPower Deliveryでの入力に対応。

付属のPD充電器を使うことで、この超大容量のモバイルバッテリーが3.5時間でフル充電可能です。

 

PD出力対応

f:id:rait_09:20190228125050j:image

そしてさらに、Power Deliveryでの出力にも対応。

PD対応USB-Cポート(1つ)を利用することで、最大27Wでの出力に対応。

MacBook Pro 13.4 2017が2時間でフル充電可能とのこと。

また本体には入出力用PD対応USB-Cポートが1つ、出力用Power IQ対応USB-Aポートが1つ、出力用Power IQ2.0対応USB-Aポートが1つずつあり、合計52Wで3台への同時充電が可能です。

f:id:rait_09:20190228124616j:image

19000mAhの超大容量ですので、iPhone XSおよびXを約5回、GALAXY S9を4回以上、そしてMacBook1回以上充電可能です。

 

まさかのUSBハブモード搭載

f:id:rait_09:20190228125752j:image

そしてなんといっても新機能、USBハブモードです。

電源ボタンを長押しすることで切り替えが可能で、高速なデータ転送にも対応とのこと。

しかし恐らく、USB-Cポートを使って端末を充電しながら、USBハブモードを利用するのは不可能かと思われます。

USBハブモード使用時にはPowerIQ2.0出力ポートは最大10Wの出力となります。

 

まさに2 in 1なモバイルバッテリー。

超大容量でしかもUSBハブにもなる、かなりの優れ物なんじゃないでしょうか。

PD充電器とのセットなので、この容量のモバイルバッテリーとしては少々お値段は高めです。

 

通常価格10,999円のところ、最初の500個限定20%offで、8,799円で販売中です。

 

 

ではまた次の記事で。